海外セレブがほぼ取り入れているカラーリング、オンブレ&バレイヤージュ

最近アメリカに来て初めて美容院に行きました。アメリカにいるからにはアメリカの流行りを試さないということで、私も取り入れてみました!オンブレとバレイヤージュ!

みなさんオンブレとバレイヤージュはご存知ですか?

では、まずオンブレとバレイヤージュの説明をしたいと思います。

Ombre(オンブレ)とは根元が暗めで毛先にいくにつれて、段々グラデーションで明るくしていく髪の染め方。横同士が同じ色。

Balayage (バレイヤージュ)とフランス語で塗るとか掃くという意味があります。言葉の意味通り、ブラシを使いどころどころバランスよく何色か別のカラーを使いハイライトを入れていく感じです。縦の線で同じ色。

大抵オンブレとバレイヤージュは両方一緒に使われる場合が多いです。

ジェイミーチャンはとてもいい例でオンブレとバレイヤージュを取り入れてますね。根元はほぼ地毛のような色で徐々に明るくなっていき、縦のラインに明るい色や暗い色が何色か縦に入っていますね。

IMG_6131

 

最近テレビや雑誌を見てもこのオンブレとバレイヤージュの手法を取り入れていないセレブはいないと言っても過言ではありません。

IMG_6130

 

ではなぜ人気なのか?

⑴メンテナンスが少なくていい

例えばオンブレの場合。毛先が明るくて根元は暗いので、自分の元々の色の毛が生えてきても、グラデーションの1つとして活かせる!

 

⑵髪が元々暗めの人でも明るい色、ブロンドなどを差し色として取り入れやすい

なにもも髪が暗いのはアジアだけではありません。白人でも黒髪やブルネット(濃い茶色)の人も結構いるんです。全体的に自分の髪より明るい色を取り入れるとお手入れが大変ですよね?すぐにプリンになって目立ちますよね。差し色で、オンブレとのコンビネーションならブロンドも取り入れやすいですよね!

⑶巻髪がきまる

ただ巻いただけなのに、普通に染めているよりもお洒落に見える!

 

オンブレとバレイヤージュに必要なことは?

カラーケア!色をとにかく綺麗な状態で保つ!ことが大事だと美容院さんに言われました。

 

今回、激しめでないナチャラルなオンブレとバレイヤージュで!と注文しました。では実際に私がやってみて長所と短所をお話ししたいと思います。

《長所》

⑴確かにお洒落に決まる。たくさんの人から髪色を褒められました。

⑵プリンが伸びてきても気にならない。美容院の人にも1年ぐらい染めない人も多いよーと言われてびっくりしました。美容院にいく手間が省ける。

 

IMG_6138

IMG_6139

 

《短所》

⑴美容院での拘束時間が長い。私の場合は5時間かかりました。

⑵料金が高い。そりゃー5時間かかって安かったら、美容院の人もかわいそうですよね?

チップを入れて$350でした。私の場合バレイヤージュを4分の3いれたので、もしフルで入れていたら、$400は超えています。

 

IMG_6137

風に吹かれてぼさついていますが・・

 

ちなみに私はMorophicという美容院のEmiにやってもらいました。サンフランシスコにお住いの方で、オンブレやバレイヤージュに挑戦したい方はオススメです!

バートもミュニもとまる大きな駅Montgomery 駅からすぐのマーケットストリート沿いにあるので迷わずに行けるのもポイント高!です。

 

《Morophic》

http://morphicbeauty.com/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s