1時間半待ちも当たり前のラーメン屋さん Mensho Tokyo

2月にオープンしてサンフランシスコの食通の間で話題沸騰の大行列店、MENSHO TOKYOに早速行ってみました。行った日は、3月3日と3月15日です。

IMG_7118

アメリカの食べログ、ヤルプのレビューには日本の味だとか待つ甲斐があるなど高評価ばかり。

そしてヤルプによると、最初の第1グループには入れないと1時間半下手したら2時間待ちは当たり前だと書いていたので、開店するのが5時ですが、4時20分に行きました。

 

私の前にはすでに15人ほどいました。

IMG_7113

ちなみにこのお店があるエリアはテンダーノブと言われるエリアで、超危ないエリアのテンダーロインにもめちゃくちゃ近いです。特に夜遅くに行くときは注意してください。

IMG_7243

お店の前はこんな感じです。こういうエリアにオシャレで大行列のお店があるなんてびっくりですよね?そういう意味では以前紹介した、Mrホルムズも近くにあり、このエリアにこんなオシャレなお店があるの?とびっくりされるかもしれません。

 

店内はとっても清潔でオシャレです。席数はヤルプによると27・8席と書いてありました。なので、こちらに行かれる方は最初の27・8人になってください。

IMG_7249

塩ラーメン$9に追加で鴨チャーシューを足しました。そして、ビールも頼んでチップを含めて、$19ドル50セント。優しいお値段。

このスープ和風の出汁きいていて本当においしかったです。太めのもちもちの麺との相性も抜群。また食べたい一品です。日本と変わらぬ味が食べられるなんて、アメリカ生活も暮らしやすくなりそうです。

 

IMG_7121

鳥パイタンのダブルチャーシュー $16

アメリカだとしても、ダブルチャーシューだとしても少し高めな値段設定かな?というのが正直な感想です。チップ入れたら、一杯で$20。せめて$15だと受け入れやすいと感じました。(チップ入れて$18)半分くらいまではおおー美味しくどんどんたべれますが、ラストスパートは女性にはちょっと重いかもしれないです。とんこつラーメンで例がずれるかもしれませんが、ラーメンジローの鳥版のようなスープです。やっぱり鳥パイタンは東京の銀座の篝が並んででも食べたい一品かなと。

 

IMG_7120

現時点では塩、オーガニック醤油、鳥パイタンとビーガン、メニューがあり、とんこつやつけ麺は今後追加されるようです。

ずばり1時間半松甲斐はあるか?・・・あると思います。私は並んででも、また塩ラーメンを食べに行きたいです。サンフランシスコの住人としては今後のますますの活躍が楽しみなお店です。

 

MENSHO TOKYO

679 Geary Street, San Francisco, CA

(Jones stと Leavenworth stの間)

営業時間 17−23時半

(ヤルプによると、22時頃には列を締め切るそうです。)

《Maochelin ★★★★★/5》

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s