《ニューヨーク》シチュエーション別お食事ガイド

 

ニューヨーク!せっかくきたのだから、失敗せず美味しいものが食べたいですよね?

私の6月に結婚式をニューヨークの5番街であげることや、ルークの実家がニューヨークからも近いので、よくニューヨークには行くんです。

観光も含めると30回以上訪れています。この記事は今まで行ったことがある間違いないお店をニューヨーク在住ではなく、観光者の気持ちで紹介します。

みなさんが必ずいく5番街を基準にそこから行きやすいところを載せていきたいと思います。なので、ファイナンシャルディストリクトやブルックリン、ハーレム、ブロンクスのあたりは載せません。

以前にブログでも紹介したお店も載せたので、ぜひそちらも見てみてください。

《高級ランチ・Michelin》

グラマシータベルン

私のアメリカで大好きなレストランの1つです。お金があったら、毎日でも行きたいです。

$70からー

Read More

円安でもお買い物が怖くない?サンフランシスコアウトレット

海外旅行の楽しみの1つはお買い物ですよね?特に女性!

でもアメリカ旅行でだと今は円安で前ほどお得に買い物ができなくなりました。(3月15日現在1ドル113円)1ドル80円の時代が懐かしい・・

でもでも、アウトレットだと少しでもお得にお買い物ができるとおもうので、今回はサンフランシスコから1番近いアウトレットモールのサンフランシスコモール(旧リヴァモアアウトレット)について記事にしたいと思います。

IMG_7238

Read More

英語の勉強にも便利?アメリカのお勧めドラマ

今現在も続いているシリーズでアメリカでめちゃくちゃ流行っている!なおかつ英語の勉強にもなるドラマシリーズを5つ紹介したいと思います。

 

1 エイミー賞など数々の賞を受賞している政治的なコメディ VEEP (ヴィープ)

(ヴィープとは副大統領という意味です)

VEEP

主人公の↑セリナメイヤーが副大統領として大奮闘しながらいつか大統領を目指すという話。話自体は政治的な話が多いけれど、主人公を含む登場人物はかなり面白くコメディ色が強いドラマです。アメリカではシーズン4が終わり、5の放送も決定されています。

Read More

家族が集う正月にオススメのゲーム

あけましておめでとうございます。

今回はお正月と題して家族が集う時期にオススメなアメリカのゲームを紹介したいと思います。

ウノやツィスター、ジェンガは日本でも有名なゲームですよね?

今回私が紹介する2つはそれらのものとは一味違います。

紹介する2つは英単語の勉強と自分の意見を述べる練習にもなるので大人子供問わずにオススメです。

 

1つ目は

APPLES to APPLES (アップルズトゥーアップルズ)

アップル

このゲームは、ジャッジが名詞がかいてあるカードをランダムに選び、そのほかの人がそれについて自分の持ち札のカードからどう思うか、形容詞がかいているカードをだしていくゲームです。最終的に一番多く名詞カードを習得した人が勝ちです。

Read More

《アメリカで結婚》SAVE THE DATE と招待状

今回のブログではSAVE THE DATEと招待状について書いていきたいと思います。

 

IMG_7122

(↑招待状)

 

SAVE THE DATEをご存知ですか?日本ではあまり聞きなれない言葉だと思います。

IMG_6329

これは”この日を空けておいてください”と、招待状より先に送るカードのことを言います。

Read More

《アメリカで結婚》アメリカの御祝儀レジストリーとは?

アメリカには御祝儀つまり結婚式でお金を送る文化がありません。その代わりにプレゼントを贈ります。そのプレゼントを送る習慣を RESISTRY(レジストリー)と言います。

そのレジストリー、プレゼントを送る側にももらう側にも合理的なようにできているんです。

新郎新婦が欲しいものをデパートやキッチン用品を扱うブランドやデパートでピックアップします。そのピックアップされた商品はオンラインサイトに自動的に登録され、それを招待客が購入してあげるというシステムがあります。

 

FullSizeRender 8

例えば大手デパートBloomingdale’s(ブルーミンデルズ)ではこのようにレジストリーの特設ページが設けられています。(これはどこのキッチンや寝具を扱うデパートやお店にもあります。)

Read More

海外セレブがほぼ取り入れているカラーリング、オンブレ&バレイヤージュ

最近アメリカに来て初めて美容院に行きました。アメリカにいるからにはアメリカの流行りを試さないということで、私も取り入れてみました!オンブレとバレイヤージュ!

みなさんオンブレとバレイヤージュはご存知ですか?

では、まずオンブレとバレイヤージュの説明をしたいと思います。

Ombre(オンブレ)とは根元が暗めで毛先にいくにつれて、段々グラデーションで明るくしていく髪の染め方。横同士が同じ色。

Balayage (バレイヤージュ)とフランス語で塗るとか掃くという意味があります。言葉の意味通り、ブラシを使いどころどころバランスよく何色か別のカラーを使いハイライトを入れていく感じです。縦の線で同じ色。

大抵オンブレとバレイヤージュは両方一緒に使われる場合が多いです。

ジェイミーチャンはとてもいい例でオンブレとバレイヤージュを取り入れてますね。根元はほぼ地毛のような色で徐々に明るくなっていき、縦のラインに明るい色や暗い色が何色か縦に入っていますね。

IMG_6131

Read More

《アメリカでウェディング》ヴェラワンのウェディングドレス⑶

ヴェラワンのウェディングドレスでは、ヴェラワンのウェディングドレスを着たセレブたちとお店を訪れてみた事について記事にしました。

今回は実際にヴェラワンのドレスを着た事についての記事を書きたいと思います。

IMG_6126

どれをとっても細かいデザインでため息をつくようなドレスばかりでした。今回載せるのは購入しなかったものです。購入したものは結婚式のブログで載せたいと思います。

Read More

《アメリカでウェディング》ヴェラワンのウェディングドレス⑵

前回の記事でヴェラワンのウェディングドレスはたくさんのセレブに着用されたという記事を書きました。

今回は実際にサンフランシスコのヴェラワンのお店を訪れた事について書きたいと思います。

IMG_6125

まず予約は、ヴェラワンのウェブサイトでアポイントメントというところで予約をします。そうすると、お店側からEメールでメッセージがきます。ちなみにどこの店舗もそうですが、休日は本当に予約が取れなくて、1−2カ月待ちのようです。

IMG_5370

そしていざヴェラワンサンフランシスコ店へ!

Read More

《アメリカでウェディング》Vera Wangヴェラワンのウェディングドレス⑴

ヴェラワンは中国系アメリカ人のデザイナーでアメリカでウェディングドレスデザイナーとして有名です。

 

IMG_6127

アメリカでは彼女自身の名前を掲げるお店がニューヨーク、ロス、サンフランシスコにあります。東京にもお店があります。

彼女のドレスは一点一点オーダーメイド。採寸をして貰い、作ってもらいます。結婚式の半年前にはオーダーしたいところです。

彼女のウェディングドレスを着て結婚したセレブ達は数知れず・・

 

Read More